ホーム > お知らせ
お知らせ
  • ペルー サントストクトクニアが入荷しました。 (2024/02/28)
    これもペルーのマイクロロットになります。結構コスパが高くお客様の評判も良いのでラインアップに加えてみました。
  • ブラジル グラマバレー・イエローブルボンが入荷しました。 (2024/02/28)
    先に仕入れたものと同じ商品です。コスパの高い豆なので商社に複数予約取り置きをお願いしております。
  • ブラジル バレ・ド・クリスタルDOTが入荷しました。 (2024/02/27)
    何やら聞いたことのない農園名ですがブラジルのあのトミオフクダさんの新農園であります。コーヒーは同じ場所でずっと栽培し続けられるものではなく数年以上繰り返していると年々収穫が落ちてしまうと言われます。そのため数年前からBauという農園を諦め新しい場所を探しておりました。それがこのバレ・ド・クリスタル農園ということになります。農地は変わりましたが栽培法は従来そのままなので本商品もかつてのBau同様に樹上完熟となっております。
  • エチオピア イルガチェフェG1 アベベが入荷しました。 (2024/02/24)
    エチオピア イルガチェフェの人気産地コンガのナチュラルです。通常この地区の豆はコンガにあるウオッシングステーションへ持ち込まれたものをそのまま商品化しますが、地域から持ち込まれたものだと生産者も様々で味が一定せずばらつきが出ます。そのため同じ生産者の優秀な豆をマイクロロットとして別途商品としているのがこの豆になります。たまたま生産者の名前がアベベさんなのでそれが商品名となっています。ある年齢以上の方には懐かしい名前なので人気があります。風味もかなり秀逸だと思います。
  • グアテマラ・インフェルト マラウィゲイシャ・ダブルファーメンテーションが入荷しました。 (2024/02/20)
    言わずと知れたグアテマラの名門農園エル・インフェルトのマラウィ・ゲイシャです。発酵を二重に施しますがあまりそれを感じさせずに丸みのある風味に仕上げてあります。
  • コスタリカ エルマノス・ヴァルソ ミレニオが入荷しました。 (2024/02/02)
    セロアルトが思ったより好評なのでもう1つコスタリカを仕入れました。ミレニオ(ミレニアム)と呼ばれるF1交配種です。クオリティの高い品種として知られるルメスダンとサチモールを掛け合わせたものでバランスの良いほんのり甘みも感じるコーヒーです。
  • パナマ エスメラルダ・ゲイシャ ナチュラルが入荷しました。 (2024/01/27)
    公式には今年は輸入が行われないとされているエスメラルダ農園のゲイシャ・ナチュラルですがごく少量だけ非公式ルートで昨年秋に輸入されました。今回も地元名古屋の商社倉庫に残っていた最後の1箱になります。現在当店在庫残として若干量ある2022クロップではなく2023クロップです。お値段がだいぶ値上がりしましたが同じパナマの他農園のものはもっと高くなっておりますのでコスパを考えれば悪くないと思っております。
  • コスタリカ セロアルト・ラ・ウニオン ビジャサルチが入荷しました。 (2024/01/23)
    コスタリカの人気マイクロミルの商品になります。前にも一度仕入れをしましたが好評でした。コスタリカらしい爽やかでキレのある酸味とまろやかでコクのあるバランスの良い逸品です。
  • ブラジル さくらブルボンが入荷しました。 (2024/01/20)
    この時期定番のブラジルです。
  • ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1が入荷しました。 (2024/01/12)
    昨年末から結構値上がりをしているせいか各商社とも在庫が品薄になっております。数年前に輸入された在庫残が安めに出回っておりましたがそれも底をついてしまったようです。暫く様子を見たいので新しい豆を扱う商社から小分けで買いました。各社の動向が落ち着き次第また樽で買う予定をしております。
  • タンザニア モンデュールAAが入荷しました。 (2024/01/10)
    こちらも定番のキリマンジャロになります。数年前に経営が人手に渡ったのですが、それでもこの農園名を放棄できないほどタンザニアでは抜きん出た農園です。他の経営者に委ねられたとは言え栽培しているのは昔ながらのモンデュール農園従業員のようで、風味はほとんど変わっておりません。
  • エチオピア モカシダモG2 カフェインレスが入荷しました。 (2024/01/10)
    こちらもメキシコのマウンテンウオーター方式のデカフェです。同じ「モカシダモG2」という豆をブレンド用に置いておりますが個人的には比較試飲するとデカフェに加工した豆の方が美味しいように思います。
  • メキシコ トリウンフォ・カフェインレスが入荷しました。 (2024/01/10)
    メキシコ・チアパスのデカフェです。勿論お馴染みのマウンテンウオーター方式なのでデカフェとは思えないほどハイクオリティです。通常デカフェにはややグレードの落ちる豆を使うことが多いのですがちゃんとしたスペシャルティを使用していることもありかつてのデカフェとは全く違うと思います。
  • インドネシア マンデリン・アチェ ガヨ・ハニーが入荷しました。 (2024/01/06)
    高品質なマンデリンの産地として人気の高いアチェ・ガヨ地区のハニー製法の豆になります。アーシーでエグミのあるスマトラ式のコーヒーではなくフルーティで角の取れたCOEなどに出品されるような豆です。同じ産地ということもあり、昔一時ラインアップしたことのある「ガヨマウンテン」のような雰囲気のコーヒーです。
  • ブラジル グラマバレー・アマレロが入荷しました。 (2024/01/06)
    「カップ・オブ・エクセレンス」やイリーのコンテストでその名が知られたグラマバレーのイエローブルボン(アマレロ)になります。精製はハニーで酸味の柔らかなコーヒーです。
  • エチオピア モカ・グジ シャキッソ ウオッシュドが入荷しました。 (2023/12/20)
    エチオピア グジ地区を代表する大農園タデGGのウオッシュドです。イルガチェフェの向こうを張るグジの名品です。
  • ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。 (2023/12/15)
    ブラジル定番のダテーラ・リザーブです。甘くまろやかな人気品です。
  • インドネシア バリアラビカ「神山」が入荷しました。 (2023/12/15)
    インドネシア バリの定番コーヒーです。バリのコーヒーはスマトラなどと異なりソフトでまろやかなので人気があります。
  • グアテマラ グアルバドール・アナエロビックが入荷しました。 (2023/12/13)
    パカスという品種にアナエロビック処理を施したものになります。もともとスッキリ感のある品種を思いっきり発酵処理しているためコーヒーとは思えないくらい濃厚なアロマがあり、それでいてクリーンカップなので大変個性的な味になっております。個人的には通り一遍のアナエロ処理を行ったものより強い自己主張が感じられこういうものもアリだなと感じます。個性的でユニークなコーヒーをお探しの方にはピッタリとマッチします。
  • ホンジュラス 2023「カップ・オブ・エクセレンス」ロス・ロブレスが入荷しました。 (2023/12/06)
    2023ホンジュラスCOE受賞ロットです。この国固有品種パライネマになります。
  • ベトナム・アラビカ 品評会第2位 レ・ヴァン・フォン農園が入荷しました。  (2023/11/28)
    日本の大手コーヒー販売会社が開催した2022ベトナム・アラビカ コンテストで第2位となったロットです。フローラルで甘い香りがあるとのことです。先ほど試飲もしてみましたがなるほどマンダリンのような柑橘系のアロマが感じられました。輸入元コーヒー販売会社での売り出し価格がかなりお高いのでお買い得だと思います。
  • コロンビア ラ・ローマ バレルエイジドが入荷しました。 (2023/11/22)
    非常に風味豊かで秀逸なアロマがあるので人気だった商品ですが商社完売で買えなくなっておりました。しかしサンプル採取した残りがあったということでリリースされたものを買い取りました。他には無いユニークな風味をお楽しみ下さい。
  • コスタリカ ラ・イスラ ゲイシャ レッドハニーが入荷しました。 (2023/11/21)
     以前試験的に少しだけ買った豆ですがお客様の評判が良く再仕入れ希望を多くいただいておりましたので追加で買いました。大変クリアでバランスが良くパナマのトップ銘柄と比較してもほとんど遜色を感じませんでした。
  • ブラジル モンテ・アレグレが入荷しました。 (2023/11/08)
    ブラジル スペシャルティ・コーヒーの草分けとも言える老舗農園のブルボンです。お手頃価格で美味しいものをということで仕入れしました。
  • エチオピア グジ・アナソラ・アナエロビックが入荷しました。 (2023/11/01)
     長年コーヒー鑑定士としてあらゆるコーヒーをカッピングしてきたベテラン商社員が「これ、面白いですよ」とイチオシするほどのユニークなモカになります。最近新しいブランドとして人気の出て来たグジ地区のコーヒーでG1グレードのモカをアナエロビック処理したものになります。
  • エチオピア グジ・ゲイシャ ナチュラルが入荷しました。 (2023/10/27)
    エチオピアの人気産地グジのゲイシャです。パナマのような名産地とは比較すべくもありませんがなかなか美味しいコーヒーです。いちばんお値打ちなゲイシャとして人気です。
  • 送料無料になるお買い上げ最低条件が変わりました。 (2023/10/25)
    これまで6,000円以上を送料無料とさせていただいておりましたが運送業者変更により送料が下がりましたのでまた従来通り5,000円以上を送料無料とさせていただきます。
  • ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。 (2023/10/25)
    暫くの間欠品しておりましたがブラジルの定番中の定番です。広大な農園内で収穫された豆の中から農園ブレンダーのコンセプトに合う豆をセレクトした農園一般品の最上級品になります。甘いまろやかな風味が人気です。
  • パナマ エスメラルダ・ゲイシャ ウオッシュドが入荷しました。 (2023/10/20)
    2023ニュークロップが3割ほど高くなるとの情報を得て、新穀入荷時に商社在庫が残っていればいただくという予約をしておりました。2022クロップではありますが輸入後1年しか経過しておらず生豆はビニールの真空包装のまま未開封なので品質も全く問題はないはずです。商社直販価格ほどお安くはできませんが今年の新穀と変わらない値段で生豆が1kgから買えますのでお正月向けとして重宝されると思います。
  • パナマ ドンペペ・トレジャーマウンテンが入荷しました。 (2023/10/03)
    パナマの老舗名農園ドンペペのカトゥラ種になります。ゲイシャのような派手さはないものの非常にバランスのいいハイクオリティなコーヒーです。パナマ・ゲイシャの名産地に位置しているにも関わらずゲイシャに走る必要がないほどどれも高品質な豆ばかりなので、生産性の悪いゲイシャにはそれほど尽力していないかのようです。黙って販売していても一度購入されたお客様がリピートされるので売り手にも扱い安いコーヒーです。
| ホーム |