焙煎豆

  • 焙煎豆 モカ・イルガチェフェ コンガ・ナチュラル 200g
    焙煎豆 モカ・イルガチェフェ コンガ・ナチュラル 200g
    1,400円
    エチオピアでも名産地として世界に名を馳せるイルガチェフェですがその中でも人気なのがコンガという地区です。ただ、ひとくちにコンガと言っても広いので美味しいと評判のエリアの豆は欧米が真っ先に買ってしまうため同じ「イルガチェフェ・コンガ」でも実はまるでクオリティが異なります。今回はECXというエチオピア政府管掌のオークションではなく商社が個別取引で買い付けたものなのでやはりモノが違うようです。本来のイルガチェフェらしいモカ・フレーバーがよく出ていると思います。
  • 焙煎豆 2021ホンジュラス「カップ・オブ・エクセレンス」ラ・ビクトリア ナショナル・ウィナー  200g
    焙煎豆 2021ホンジュラス「カップ・オブ・エクセレンス」ラ・ビクトリア ナショナル・ウィナー  200g
    2,000円
    2021ホンジュラス「カップ・オブ・エクセレンス」の国内選考通過品で本選に進めなかったためナショナル・ウィナーという呼び名で取引される商品になります。品種はゲイシャ、精製はウオッシュドです。選考漏れとは言え本選進出基準に僅か1.7点足りなかっただけなので、最近増えて来たそこらの無印ゲイシャとはクオリティが違います。コーヒー価格高騰中なのでゲイシャとしては恐ろしく安い部類に入ると思います。オレンジ・ライムのような一般的なゲイシャ・フレーバーに加えキャラメル・ハニーのような甘さもカッピング・ノートに評価されております。


    先ほど試飲してみましたがさすがにパナマ・ゲイシャの一流どころと比較するとゲイシャのフレーバーは弱いですが味のバランスが良くコクもあり、ポテンシャルの高さを感じます。
  • 焙煎豆 2021メキシコ「カップ・オブ・エクセレンス」ウエウエテパンCOE  200g
    焙煎豆 2021メキシコ「カップ・オブ・エクセレンス」ウエウエテパンCOE  200g
    2,000円
    2021メキシコ「カップ・オブ・エクセレンス」受賞ロットになります。品種はティピカ、精製はウオッシュドです。受賞順位は28位と下の方での入賞ですが、この農園は2012年以降毎年のように各品評会で受賞を繰り返す常連でコーヒー作りの上手さには定評があります。その年度の生育環境によってアロマの強弱がどうしてもできますので、たまたま昨年はそこまで突出したものにはならなかったためこの順位に落ち着いたと言えますが、いずれにしてもハイクオリティなコーヒーであることに変わりはないはずです。ダークチョコ、ブラックカラントのようなフレーバーがあります。

(カテゴリー内 : 37点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索