お知らせ

2021/04/28ブラジル サントスQグレードが入荷しました。
ブラジル・セラードにあるCafebrascomerrico De Cafeという農園のムンドノーボ種(ナチュラル)をQグレーダーがカッピングしてQグレード認定した商品になります。カップスコアは83.08点となっています。フツウのサントス#2では物足りないけれどクオリティがそれなりに高くてお値打ちな豆をお探しの方にはマッチする豆だと思います。
2021/04/272020ペルー「カップ・オブ・エクセレンス」ルクマヨクが入荷しました。
2020ペルーのCOE受賞ロットです。日本ではそこまで人気ではないもののCOE開催を契機に注目を浴び、最近は欧米でも人気があります。
2021/04/212020ブラジル「カップ・オブ・エクセレンス」コリ・ナチュラルCOEが入荷しました。
2020ブラジルCOEの受賞ロットです。最近ブラジルでもはやりのハニー・プロセスではなく昔ながらのナチュラル精製なのでリンゴ酸のようなフルーティで上品な酸が高評価を受けました。品種はイエローブルボン、受賞順位は第11位、カップスコアの平均は88.44でした。このクラスになると試飲するまでもなく確実に美味しいはずであります。
2021/04/19ウガンダ ロブスタが入荷しました。
こちらも当店定番のロブスタになります。ロブスタ種は日本ではベトナム、インドネシアが大部分を占めますが最近当店ではずっとタンザニアを使っております。粒は不揃い、見た目も醜悪な感さえありますがブレンドやエスプレッソ、アイスなどに触媒のような感じで使用すると大変重宝致します。単独でホットコーヒー用にするには一般的に不向きとされています。
2021/04/16インドモンスーン・ピーベリーが入荷しました。
アイスブレンド用の定番豆です。クロップ落ちだと思います。
2021/04/13エチオピア モカ・イルガチェフェG1ナチュラル チルフィートが入荷しました。
2021クロップのイルガチェフェがコロナの影響でクオリティ的に大幅グレードダウンしてしまったのであえて商社在庫残を買いました。昨年輸入されたものとのことでしたが袋には2018/2019との刻印があるのでそれより古いかも知れません。ただ生豆の状態はきれいですしグレインプロで商社倉庫保管なので劣化は感じません。先ほど試飲しましたがお味の方もまさにナチュラル・イルガです。
2021/04/10タンザニア モンデュールAA キリマンジャロが入荷しました。
タンザニア・キリマンジャロの最高峰モンデュールです。世界的にはあまり見向きもされない産地になってしまいましたがかつての面影をとどめる名品です。
2021/04/06ブラジル ダテーラ・マスターピース・コラージュが入荷しました。
購入数量制限がある商品なので無くなる前に追加しました。コスパ的に少々難ありなのでこれくらいにしておこうと思っております。クオリティは宜しいですけど。
2021/04/06ブラジル トミオフクダ・ブルボン・ナチュラルが入荷しました。
当店定番のブラジルです。セラード特有のブラジルらしいナッツのような香りがあり,お値段も手頃なのでファンが多いです。
2021/04/03ブラジル さくらブルボンが入荷しました。
この時期定番のさくらブルボンになります。予約取り置き分が保管されておらず急遽他支店から回していただきました。もうこれでどの商社支店にもないようで、次はまた翌年春になります。
2021/04/03ブラジル ダテーラ・マスターピース・コラージュが入荷しました。
ダテーラ農園が誇る希少ロットMasterpiecesの中から専属のブレンダーが品種や精製法に関係なくこれはと思う豆をピックアップして絶妙のブレンドを施した商品になります。カツアイなど複数の品種とハニーやカーボニックマセレーションなど違う精製法のものが複雑に混じり合い独特のアロマを形作っております。ごく僅かしか買えないこともあり店頭販売のみとなりますが通販でもご興味ある方は応相談とさせていただきます。
2021/03/26ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。
ブラジル ダテーラ農園の最高峰リザーブになります。本年度(昨年クロップ)はその名に値するものができなかったということでリザーブ2020はリリースされませんでしたが商社在庫残を1つ手配致しました。ニュークロップは早くて年末、通常なら年明けの輸入になると思われます。
2021/03/19グアテマラ Qグレードが入荷しました。
グアテマラ・ウエウエテナンゴ地区のスペシャルティになります。Qグレーダー資格を持った鑑定士がカップスコア80点以上とのお墨付きを与えたコーヒーなので品質は確かです。
2021/03/16ブラジル カショエイラ・アナエロビックが入荷しました。
ブラジル カショエイラ農園のアナエロビックが再入荷しました。コーヒーの赤い実を樽に詰めて真空状態にして発酵させます。真空状態にすることで酸素が無いと生きられない微生物が死滅し、通常とは違う発酵を促します。ワイン醸造法と同じ原理なのでアロマが複雑に入り乱れた感じとなります。
2021/03/13エチオピア イルバボール・フォレスト1974が入荷しました。
エチオピア ゲシャビレッジ農園の研究栽培品です。ゲイシャを植え付けする際にエチオピアの研究所からゲイシャの苗と共に貰ってきて別途農園内で特定のエリアへ植え付けています。非常にコーヒーの実の糖度が高く(糖度25)極めて甘い感じのするコーヒーです。商品名は品種名そのままで、まだ一般に商品化していないため梱包もゲシャビレッジ・ゲイシャの袋なので一瞬配達間違いかと思いました。
2021/03/12ホンジュラス コンゴロン・カツアイが入荷しました。
ホンジュラス西部のマイクロロットになります。ユニークで独自のカッププロファイルを持つコーヒーだということで出入りの商社が仕入れたものです。何度か試飲してみましたが口当たりのいい飲みやすいコーヒーだと思います。
2021/03/12パナマ レインボーエステートSHBが入荷しました。
パナマの元大統領一族が経営するアルコアイリスという農園の品種ブレンドになります。この農園はふだんから雨上がりの後に農園全体を虹が覆うことが多くレインボー農園とも呼ばれます。ゲイシャではありませんがパナマコーヒーのレベルの高さを知らしめる人気の商品です。
2021/03/10タンザニアQグレードが入荷しました。
タンザニア・キリマンジャロのQグレードです。最近は生産地域の変遷があって昔ながらのキリマンジャロが少なくなっておりますが、伝統的なキリマン産地である北部モシ近郊からかつてのキリマンの面影を色濃く残すロットを現地商社でセレクトし、カップスコア80点超えの豆だけを集めました。お値打ちキリマンとして引き合いも多い商品になります。
2021/03/10エチオピア ゲシャヴィレッジ ゲイシャ・マイクロロットが入荷しました。
エチオピアのゲイシャ種専門の農園として知られるゲシャヴィレッジ農園のゲイシャ特別ロットになります。同じゲイシャ種でも生育場所によって風味が異なりますが特に評判のいい区画で育った豆のみを集めたもので、昨年販売したゲイシャよりもワンランク上の商品だそうです。
2021/03/09ジャマイカ ブルーマウンテン・セレクトが入荷しました。
いつも仕入れているブルーマウンテンNo.1がどの商社も古い在庫しかなく、思うようなものが見当たらないので繋ぎに仕入れたものです。No.1と比べると下位等級なので豆粒はやや小さいものが混じっております。しかし間違いなくブルマンなので古いNo.1よりむしろ美味しくてお買い得かもです。少量仕入れのため焙煎豆のみの販売となります。
2021/02/23コロンビア バレルエイジド・プリマベーラが入荷しました。
コロンビア・カルダス州のプリマベーラという農園産スペシャルティ豆をラム酒の専用樽で熟成させたものになります。ラム酒の熟成に使われる木材はほとんどがオークだということでその性質から他の木材より密閉度が保たれるようです。生豆時にはそれほどでもありませんが焙煎し始めるとラム酒のあの独特の香りが強く漂って来ます。ウイスキーなどと違いお酒の苦手な方にもあまり違和感ない感じの匂いなのでまるでお酒をいただいているような優雅な気分になります。もちろんラム酒の樽に詰めただけなのでアルコール分はございません。
2021/02/17ニカラグア ペラルタ・ジャバニカ・ブレンド が入荷しました。
コスパの高いニカラグアとして好評ですが今回が予約取り置き分の最終となりました。販売側の商社代理店も「この商品はかなりお買い得です」と認めるほど高コスパなので「次」は難しいかもです。
2021/02/15ブラジル さくらブルボンが入荷しました。
この時期毎年恒例のさくらブルボンが入荷しました。この商品は名前で売れている部分があるので今年から商社が商品名を商標登録したとのことで他社が同名もしくは類似の名前を使えなくなりました。良くも悪くもいつものさくらであります。
2021/02/10ルワンダ・ショリーが入荷しました。
ルワンダでは結構名の通ったSholiという組合の豆になります。2~3年前には大手コーヒー会社スタバの高級豆販売ショップ「リザーブ」でも高値で売られておりました。日本の商社へ売り込みのあった豆の中からサンプルを試飲して高評価だったためこの豆を商社が買い付けたものです。大変フルーティで酸のキレが良くCOE豆などと比べても遜色なく思えるほどです。
2021/02/05パナマ ラランハル・ゲイシャ ウオッシュドが入荷しました。
お馴染みパナマ・ベルリナ農園のウオッシュド・ゲイシャです。エスメラルダやアウロマールにも負けておりませんので極上ゲイシャをお求めの方にはオススメです。ただし前述両者より安いとはいえ価格もそれなりですし、少量しか買うことができませんでしたので店頭で焙煎豆のみ販売致します。
2021/01/30ブラジル トミオフクダ・ブルボン・ナチュラルが入荷しました。
定番のブラジルです。日系二世農園Bauの主力商品となります。ナッティで酸味の少ない万人受けするコーヒーです。
2021/01/27コロンビア サンチュアリオ・ティピカが入荷しました。
お試し納品分がすぐに売れてしまいましたので正袋を確保しました。クリーンカップでボディ感もあり非常に秀逸なコロンビアだと思います。クオリティの劣化で数年以上ずっと買いませんでしたが以前にも増して品質が改良されているようです。
2021/01/22コロンビア サンチュアリオ・ティピカが入荷しました。
コロンビアのポパヤンにある著名な農園が手掛けたティピカ種になります。天候不順とゲリラの襲撃で一時期生産がままならなかったといういわく付きながらやっと復活しました(どんなんや!)。取扱商社のイチオシなんだそうです。
2021/01/22ブラジル ダテーラ・ローカフェ・リザーブが入荷しました。
ブラジル ダテーラ農園のオークション向けナノ・ロット「Masterpieces」シリーズになります。品種はお馴染みのカフェインハーフ・リロイと同じく低カフェインがウリのアラモサなので大変飲みやすい美味しいコーヒーになっております。かつて仕入れたオークション・ロットの「ダテーラ・リロイ・フランシスカ」や「リロイ・マエンドーロ」を彷彿とさせるこの農園ならではのコーヒーです。
2021/01/09ブラジル カショエイラ・アナエロビックが入荷しました。
ブラジル南ミナス州の老舗農園カショエイラが作ったアナエロビックです。アナエロ独特の複雑なアロマがあり非常に個性的な美味しいコーヒーだと思います。商社鑑定士からのメールにも最上級のブラジルという表記がありました。仕入れ価格は先のメキシコより高いですがほぼ同じ価格での販売となります。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索