お知らせ

2019/07/05コロンビア ゲイシャ・エスペランサが入荷しました。
コロンビア・ゲイシャの草分け的な存在...。かつてパナマ側にまで進出してベスト・オブ・パナマ品評会を制したことのあるゲイシャ農園です。ランク的にはエスメラルダで言う「プライベート・コレクション」と同等だと思われますが比較試飲してもそれほど差が無いように感じます。
2019/07/05コロンビア ミラドール・ピンクブルボンが入荷しました。
現地商社の招きで多数のコロンビア・コーヒーをカッピングしてきた中で印象の良かったロットを当店出入り商社が買い付けてまいりましたが、そのうちの1つになります。とてもフルーティなクリーンカップです。
2019/06/28ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。
当店の定番ブラジル ダテーラ・リザーブです。広大な農園の収穫豆の中から毎年一定基準の出来映えのものを「リザーブ」として販売するのでどこよりも安定したクオリティを誇ります。
2019/06/20ブラジル セルトン100年樹レッドブルボンが入荷しました。
商社在庫の残を買い占めたつもりが予約分がもう残り1袋になったようです。商社の主力商品の1つなので買えないことはないと思いますが予約分が無くなると少々お値段が上がってしまいます。お店としてはこういう安心して販売できるクオリティのものがたくさん欲しいところですが。
2019/06/10エチオピア モカ・イルガチェフェ・コチャが入荷しました。
当店定番のイルガチェフェです。G1グレードのウオッシュドになります。
2019/06/08ブラジル ダテーラ・サンセット デカフェが入荷しました。
お味や売れ行きの面でかなり差があるため最近はモカ・シャキッソ・デカフェばかりが当店では売れておりますがずっとこちらを買い続けてみえるリピーターさんがいらっしゃるためこちらも追加仕入れを行いました。販売商社のスタンスとしては在庫がなくなり次第終売かなと思われますが...
2019/06/08グアテマラ ロサンゼルス農園が入荷しました。
大手商社が仕入れているグアテマラのスペシャルティです。商社鑑定スコアは85点だそうで紛れもないスペシャルティなのですが予想より在庫がだぶついているとのことでニュークロップ入荷前の処分販売になります。同じ商品名がコスタリカにもありますが、あちらはマイクロミルの名称、こちらは農園の名称だそうです。コスパの高いコーヒーをお探しの方にオススメします。
2019/06/07イエメン モカマタリ・ホワイトキャメルが入荷しました。
久しぶりにホワイトキャメル復活です。アルマッカを買う予定でしたが2015~2016のクロップしか商社に入って来ていないようで、ベガも2017でしたので2018といちばん新しいホワイトキャメルに致しました。最近イエメン・モカはずっと政情不安のため入荷が危ぶまれており、いつ入荷が途絶えるか分からない状態です。今年の輸入予定は各商社とも今のところ無いようなので取りあえず確保しておいた次第です。
2019/06/05ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1が入荷しました。
今さらご説明の必要も無いジャマイカの名品です。No.1を筆頭にNo.2、No.3やプライムなど様々な等級がある中で最高ランクのNo.1であります。今回は小分け購入になりますが仕入れはジャマイカ政府認定のブルマン輸入業者W社からで、商社倉庫から直に届いているので間違いはない商品と言えます。たまたま商社倉庫にある開封樽が残僅少だったため残りを全部いただきました。量が少ないため生豆通販は「応相談」とさせていただきます。
2019/06/05ケニア レッドマウンテンが入荷しました。
今ケニアの振興産地として注目を浴びているキアンブやその近郊から選りすぐったケニアAAトップグレード豆になります。ケニア山の麓の肥沃な赤土土壌から生まれるコーヒーなのでこの名前になりました。ニュークロップが入荷したということで商社からサンプルを持参いただき、試飲の結果仕入れを決めたものです。ケニアSL28特有のフルーティなフレーバーがあります。
2019/05/22ブラジル サンタアリーナが入荷しました。
モジアナ地区ではちょっと知られた名門農園のコーヒーでブルボン・アマレロやムンドノーボの混合種になります。お値段に惹かれて買いましたので試飲もこれからになりますがそれなりに名の通った農園の製品なので大丈夫だろうと思っております。
2019/05/22樹上完熟マンデリンポンドックが入荷しました。
店舗在庫が無くなると同時に入荷しました。お馴染みのマンデリンになります。別商社担当の話では今年のマンデリンはかなりフルーティで出来の良いものがいくつかあるそうです。リピーターさんが多いので再仕入れしましたが商社取り置き分が無くなったら別のものも買ってみようと思います。スマトラタイガーなどと比べて生豆の状態が良いので売りやすいかも。
2019/05/172018ブラジル・パルプドナチュラル「カップ・オブ・エクセレンス」オウロ・ヴェルデが入荷しました。
今更言を俟たない毎年のようにブラジル「カップ・オブ・エクセレンス」に入賞し何度も第1位に輝いている名門農園の受賞ロットです。当店でもこの農園の受賞品を買うのは2度目である意味で勝手知ったるコーヒーです。今年は他の出来映えが良すぎて上位には入りませんでしたが、それでもスコアは1つの目安とも言える88点超えで安心できる美味しさの名品です。
2019/05/172018ブラジル・ナチュラル「カップ・オブ・エクセレンス」サンタリタが入荷しました。
待ちかねのブラジル・ナチュラルCOE受賞ロット「サンタリタ」です。新品種トパーズ100%でスコア89.23という猛者であります。ブラジル・コーヒー界ではその名を知られた女性が手がけるユニークなコーヒーです。
2019/05/152019/05/14 2018ブラジル・ハニー「カップ・オブ・エクセレンス」グランハ・サンフランシスコが入荷しました。
昨年開催されたブラジルCOEパルプドナチュラル部門の第4位、スコア90.67点のロットになります。何度もCOEで入賞するなど数々の品評会受賞歴を誇る有名農園です。農園の名前が印象的で以前から気になってはおりました。申し訳ございませんが、恐らく「瞬殺」になるような商品ですので生豆はお一人様1点限りということで17日夜にアップさせていただきます。
2019/05/142018ブラジル・ナチュラル「カップ・オブ・エクセレンス」ファゼンダ・バリナスが入荷しました。
受賞順位は第17位ですがカップ評価で89点近くを付けられているブラジルCOE受賞品になります。何より品種がブルボン種とトパーズ種の50%・50%ブレンドと言うことで両者のいいとこ取りをしたようなユニークなコーヒーになっております。このレベルで美味しくないと感じる方がみえたらその人の味覚を疑った方がいいと商社鑑定士も保証するレベルの逸品だそうです。
2019/04/26モカ・ハラー・ナチュラル(JAS認証有機栽培)が入荷しました。
オールドファンには懐かしいエチオピアのモカハラーが入荷しました。モカハラーはかつての残留農薬問題以降、完全に姿を消しておりここ数年来日本には輸入されませんでしたが、久しぶりの極上ハラーであります。農協指定の有機栽培品なのでクオリティや価格の面でも安心できるハラーとなっております。
2019/04/26タンザニア キリマンジャロ Qグレードが入荷しました。
タンザニアのキリマンジャロです。Qグレードなので鑑定スコアは80点を超えますが農園モノのような生豆産地トレースができないためスペシャルティの部類には入りません。どこで作られようが安くて美味しいキリマンがいいと言う方やブレンド・ベースとしてお勧め致します。

2019/04/12東ティモール マウベシ・ピーベリーが入荷しました。
有機栽培・フェアトレードのピーベリーというのはそうないですし、以前に仕入れたキリコリ集落のものが好評でしたので今回もピーベリーを併せて買いました。先にサンプル試飲しておりますが通常のマウベシより甘みがありまろやかです。
2019/04/12東ティモール マウベシ・ルスラウが入荷しました。
NPO法人パルシックが支援する東ティモールの有機栽培・フェアトレードコーヒーです。包括的なブレンドはだいたい通年で買えますが、集落ごとのマイクロロットは輸入時期が限られるためニュークロップの入荷を待っておりました。比較的標高の高い集落の豆で、生産者もしっかりした定評ある方のようなのでこれにしました。マイクロロットゆえ日本への入荷もわずかです。
2019/04/122018ペルー「カップ・オブ・エクセレンス」ラ・パレスチナが入荷しました。
ペルーCOEの第2弾となります。先に入荷したサンタノーシーCOEよりランクは上でスコア87点ちょいですが、やや採点が辛かった印象もある品評会でのスコアなので十分美味しいだろうと予想しております。
2019/04/052018ブルンジ「カップ・オブ・エクセレンス」ンカカが入荷しました。
遅れに遅れていたブルンジの受賞ロット第2弾がやっと入荷してきました。荷崩れで箱が破損し、真空包装に空気が混入したり包装そのものが破損している状態だと連絡を受けておりましたがお店に届いたものは箱も壊れておらず、真空パックも空気混入なしで全く異常ありませんでした。かなり商社さんの方で気を遣っていただいたようです。まだ届いたばかりで試飲しておりませんが先のンゾーブと同じ地区の受賞品ですので間違いないと思っております。また夕方帰宅してから通販サイトにはアップ予定です。
2019/04/03ブラジル さくらブルボンが入荷しました。
これも定番ブラジルです。まだお店に在庫ありで少々だぶついております。でも確か予約したのはこれが最後のロットだったような...。
2019/04/03ブラジル セルトン100年樹レッドブルボンが入荷しました。
当店定番の人気商品のためすぐに売り切れてしまい、また再入荷しました。リピーター様が多いこともあり気楽に販売しておりますが、もしかするとあと2袋くらいしか商社に当店予約分が残っていないかも...。このあたりを買っておけば間違いないという商品なので売る側も安心できます。
2019/04/022018コロンビア「カップ・オブ・エクセレンス」エル・プランが入荷しました。
昨年のコロンビア「カップ・オブ・エクセレンス」は異例の大豊作で鑑定士の平均スコアが90点を超えるPresidentialAwardsが何と9ロットにも及びました。本品もその1つで、しかもオークションで落札するシステムのため、滅多に飲めないようなハイクオリティ・ロットにもかかわらず今回お値段がかなりの激安となりました。出品地域も通常のスペシャルティで人気のあるナリーニョという地区でごく上品にしかないコロンビアらしいクリアで華やかなアロマが堪能できると思われます。入荷次第お店にすっ飛んでみえる予定のリピーター様も複数みえて、瞬殺予想をしております。2日夜8時ころアップの予定です。
2019/04/02ペルー「カップ・オブ・エクセレンス」サンタノーシーが入荷しました。

2018ペルー「カップ・オブ・エクセレンス」受賞ロットです。受賞順位は第19位でスコアは86.76とやや低調ですが、たまたま評価のシビアな鑑定士が集まってしまっただけでモノは良いとの情報もあります。品種はブルボン、カトゥラ、ティピカの混合でウオッシュドになります。

2019/03/30パナマ エスメラルダ・ゲイシャ プライベートコレクションが入荷しました。
商社在庫残のクロップ落ちエスメラルダ・ゲイシャになります。以前からオークション外ロットとして定評のあった「ゲイシャ・ボケテ」なので不作のニュークロップよりは美味しいはずですがウオッシュドということもあり生豆の外観は多少白っぽい感じも見受けられます。見た目にこだわる方はご購入されませんようにお願いします。まだ試飲しておりませんがふつうに焙煎して飲む分には問題ないと思われます。
2019/03/29グアテマラ アルト・デ・メディナが入荷しました。
グアテマラ・アンティグアのメディナという農園のブルボン・パカス種各50%混合のコーヒーになります。通常のグァテマラと異なりパカス種が半分混じっている分だけスッキリした印象があります。主にブレンド用途で繋ぎに仕入れたものです。
2019/03/23樹上完熟マンデリン ポンドックが入荷しました。
今月入港したばかりのマンデリン ニュークロップになります。大手商社のかなりの人気品で商社倉庫に入庫してもすぐに完売してしまうと言うので、試しに買ってみることにしました。樹上で赤くなった実のみを収穫するということで商社代理店の説明では樹上完熟となっておりました。一般に樹上完熟と言うのはコーヒーの赤い実が樹上で黒ずんで完全に熟し切るまで放置しますが、この商品の場合はただ単に赤くなるまで収穫しないとのことなので厳密な意味合いからすると「樹上完熟」とは言えないような気がします。とは言え試飲してみますとマンデリンのイメージを超える非常に綺麗な酸味と甘みがあり、どこかの品評会受賞品っぽいアロマがあります。数量が少なくすぐに売れてしまうと思われる商品です。
2019/03/162018ルワンダCOEルワコフが入荷しました
こちらはブルンジ同様に「カップ・オブ・エクセレンス」品評会で第6位を獲得した受賞ロットながら平均スコアが90点に僅かに届かず89.44点となっております。しかし毎回申し上げておりますようにスコアがこのクラスになりますと、もう誰が飲んでも美味しいレベルです。濃厚なアロマという感じではありませんがブルンジより複雑で華やかなアロマがあり、これなら誰もが90点前後のスコアを付けてしまうだろうなと感じるクオリティがあります。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索