お知らせ

2020/07/31グアテマラ ブエナヴィスタ・ゲイシャが入荷しました。
昨年も大好評だったグアテマラのブエナビスタ農園からゲイシャのニュークロップが入荷しました。売れ行き次第ですが複数の袋を仕入れ予定です。
2020/07/22エチオピア モカ・イルガチェフェ・モハメド・フセイン・アダミが入荷しました。
人気のイルガチェフェ「モハメド・フセイン・アダミ」です。同じイルガテフェでもナチュラルなのでモカフレーバーが秀逸でウオッシュドのイルガとはひと味違います。届いた袋に「WASHED」と読める印字があり少々疑いましたが豆面は明らかにナチュラルですし試飲してみても風味がウオッシュドとは異なりますので単なる袋の使い回しによるもののようです。細かいことには拘らない人たちなのでまあこんなもんでしょう。
2020/07/22ブラジル ラランハル・イエローブルボンが入荷しました。
ブラジルの名門セルタンジーニョ農園のグループ農園ラランハルのイエローブルボンになります。精製技術が優れておりますのでクリア・カップでソフトな飲みやすいコーヒーです。
2020/07/21ブラジル サンタアリーナが入荷しました。
定番の廉価版ブラジルです。それなりに著名な農園の商品なので安定感があります。
2020/07/15パプアニューギニア キンデン農園が入荷しました。
久しぶりのパプアです。今回は農園モノの極上品になります。商社在庫残ではありますがその分コスパも高いと思います。売り切れ御免の1袋限定です。
2020/07/07ブラジル・トミオフクダ・ブルボンが入荷しました。
マラゴジッペやDOTがよく売れているため必要ないのですが、伝統的なブルボンがどうしても良いというお客様が何人かみえるため少量仕入れを致しました。
2020/07/07パナマ・ゲイシャ ベルリナ・ナチュラルが入荷しました。
あまりに評判が良いので少しだけ追加しました。ゲイシャのクオリティとしてはやはりパナマのこのクラスはモノが違うようです。
2020/07/03インドネシア スラウェシ・アラビカ(トラジャ)が入荷しました。
久しぶりの復活になります、インドネシアのプレミアム・コーヒー「トラジャ」になります。他のコーヒーには無い深みのあるコクがオールドファンには根強い人気があり引き合いも多いのですがクリーン・カップに欠けるため広がりに乏しくあまり一般に評価されにくい部分があるようです。
2020/06/30コロンビア ゲイシャ・エスペランサが入荷しました。
当店定番のコロンビア・ゲイシャです。コロンビアを代表する著名な産地ナリーニョの人気品となります。標高1,900mという高地で丁寧に水洗いした豆をアフリカンベッドで乾燥させるクリーン・カップのゲイシャです。昨年輸入分の在庫残りと言うことで少しお安く仕入れました。
2020/06/12コロンビア・キョウトが入荷しました。
コロンビアのJAS有機栽培品でしかも品種がティピカ主体という変わり種。有機栽培認証を取得しながらお値段抑えめなので人気があります。
2020/06/12ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。
定番ブラジルです。お値打ち版の在庫が無くなりましたのでまた今回から価格が元に戻ります。言わずと知れたダテーラ農園の最高峰豆であります。
2020/06/09パナマ ベルリナ・ゲイシャ・ナチュラルが入荷しました。
先に仕入れて大好評だったパナマ ベルリナ農園のゲイシャです。今回は同じ農園・同じゲイシャ種ですが精製がナチュラルになります。一般的にはウオッシュドよりアロマが強くナチュラルの方が高値で取引されます。エチオピアなどと比べるとより上品で華やかなので高級品イメージがあります。
2020/06/09ブラジル トミオフクダDOTが入荷しました。
ブラジルの人気商品トミオフクダ・DOTです。コーヒーの実が赤くなっても収穫せず樹に付けたまま黒く枯れる寸前まで残す製法で、こうすることで樹の養分をたっぷり吸収し切れのある風味豊かなコーヒーとなります。世界でもこの地区でしっかできないと言われる製法になります。
2020/05/27インド ゴールデンモンスーン・ピーベリーが入荷しました。
当店定番のインドです。主にアイス・ブレンド用途なので今回も安い方のピーベリーを買いました。単品ではそれほど売れない商品ですがブレンド用には無いと困る商品でもあります。
2020/05/23グアテマラ リオコロラドが入荷しました。
グアテマラ パレンシア地区のリオコロラド農園産のコーヒーになります。ブルボン、カツアイ、パカス種を中心としたブレンドだそうです。パカスが混じっているせいか柑橘系の爽やかな雰囲気があります。
2020/05/162019ペルー「カップ・オブ・エクセレンス」モラレスが入荷しました。
昨年のペルーCOE受賞ロットです。今年はCOE開催が無さそうなので早くても来年春以降まで受賞ロットの輸入は無さそうです。最後のCOE受賞品ということになります。受賞順位は第8位、スコアは確か89.32点でしたので間違いなく極上ロットです。
2020/05/15東ティモール レテフォホ・キリレロが入荷しました。
今回は同じ東ティモールですがPARCICさんではなくPeace Winds Japanさんの商品になります。まだ試飲できておりませんが「ピース・コーヒー」として定評のある商品ですので間違いないと思います。
2020/05/15東ティモール マウベシ・ピーベリーが入荷しました。
当店定番のピーベリーです。PARCICさんからの話によると今年は特に出来がいいとのことです。
2020/05/15セイロン紅茶ウバとアールグレイが入荷しました。
PARCICさんから有機栽培紅茶が届きました。今回はウバのリーフとアールグレイのティーバッグになります。
2020/05/15パナマ ベルリナ・ゲイシャが入荷しました。
パナマの名門農園ベルリナのゲイシャです。ゲイシャと言えばパナマ、パナマと言えばエスメラルダ、エスメラルダ・ゲイシャの栽培区域と言えばボケテですが本商品は同じボケテの名門農園へエスメラルダが苗と栽培法を伝授して育てたゲイシャになります。輸入商社の鑑定士をして「完璧」と言わせるほどハイクオリティなゲイシャだそうです。売り切れ御免の瞬殺予想アイテムでございます。
2020/05/12タンザニア キリマンジャロ Qグレードが入荷しました。
先月末に入荷したばかりのニュークロップになります。今年は地域集買ではなくRuandaAmcosという農園の豆のみセレクトしています。Qグレーダーの平均スコアが84.67点という並のスペシャルティを凌駕するものになっています。
2020/05/01インドネシア バリアラビカ 神山が入荷しました。
定番のインドネシアです。バリのコーヒーはスマトラ等の他島と比べてまろやかでクリア感があり根強いファンがみえます。もう10年以上ずっと同じ産地から同じ商品名で輸入されているお馴染みのブランドでもあります。
2020/04/30ブラジル ダテーラ・リザーブが入荷しました。
少し欠品しておりましたが定番の「ダテーラ・リザーブ」です。この商品はダテーラ農園の通常品最高峰の位置づけなので安心感があるせいか比較試飲してもそこまで高いスペックを感じない年度のロットでもよく売れております。
2020/04/30ブラジル ダテーラ・サンセット・デカフェが入荷しました。
当店定番のデカフェとしてモカ・シャキッソがございますので、暫く欠品にしておりましたが、時々ブラジルのが欲しいと仰るお客様もあり、お値打ち品があればどこかで買いたいと思っておりました。今回、商社がサンプル用に開封して少々分量が少なくなったものを特価で買いましたので値下げして再ラインアップさせていただくことになりました。現在最高峰と言われるメキシコのマウンテンウオーター方式ではなく、カナダのスイス・ウオーター方式のものになります。
2020/04/21ニカラグア サンホセ・イエローパカマラが入荷しました。
日本ではそこまで知られておりませんがこのサンホセ農園を統括するミエリッヒは世界の名だたる名農園同様にプライベート・オークションで多くのバイヤーを引きつけるほどの知名度を誇ります。ジャバニカで名を馳せたリモンシリョやススピロなど著名な農園を擁してニカラグアを席巻する生産者たちです。このイエロー・パカマラも非常にユニークで高品質な独特の商品です。今回は入荷量極少のため生豆の通販は行いません。
2020/04/21ブラジル トミオフクダ・ブルボンが入荷しました
ブラジルの定番中の定番です。セラードのBau農園で栽培されている樹上完熟のブルボンになります。今年のトミフクは例年に比べてアーモンドやナッツのようなアロマが強くファンが多いです。価格的にもリーズナブルなのでお求めいただきやすいコーヒーです。
2020/04/18タンザニア モンデュールAAが入荷しました。
当店定番タンザニア・キリマンジャロの最高峰になります。いつも正袋で買うのですがウイルス騒動の先行きが見通せないため輸入商社から小分けしてもらいました。従って通販サイトの割り当て分も極少とさせていただきます。
2020/04/17ブラジル さくらブルボンが入荷しました。
毎年この時期の定番メニューです。予約制購入なので今年の当店予約分はこれが最後になります。
2020/04/07ケニア カリンドゥンドゥが入荷しました。
当店定番のケニアです。商社営業休止のため予め確保しております。ゲイシャみたいな華やかな酸味があります。
2020/04/03ブラジル サントスNo.2が入荷しました。
ブラジルのコモディティ豆です。国中から集めたブラジル豆(品種問わず)を粒の大きさだけで仕分けするものになります。従って出自不明、トレース不可、お味の保証もありません。サントスの港に集めて一斉輸出されます。単一農園がサントス#2として輸出する場合もあるようなのでうまくすると意外に良いものに当たったりしますが、あまり期待しない方がいいと思います。コンビニ、スーパーなどの激安コーヒー用によく使われます。最大のウリは価格がお安いことで間違いの無い高品質のコーヒーをお求めになりたい方には向きません。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索