焙煎豆 タンザニア キリマンジャロ・プランテーションAA  200g

気候変動や宅地開発などでかつての名産地が次々に姿を消し、生産量の7割ほどが南部へ移ってしまいかつてのキリマンジャロにお目にかかることが少なくなってしまいましたが、まだそれでも昔ながらのキリマンを頑なに生産し続けている農園が若干は残っております。このプランテーション農園はかつての名産地モシ近郊にあり、ドイツ資本により大規模に機械化された昔の面影を色濃く残す希少な農園であると言えます。昔の美味しいコーヒーはこんなだったよねえと懐かしくなるようなまさにキリマンの王道を歩むコーヒーです。
設立 1999年 
生豆産地 タンザニア 北部モシエリア
 総面積 約700ha
コーヒー栽培面積 約565ha 
生産量 2016/17クロップ:12,000袋
2017/18クロップ:10,000袋
2018/19クロップ:12,000袋
 標高 1,050-1,450m 
品種 KP(SL11、伝統的なケニア品種)、N39(ルイル11)、バティアン 
精選方法 フルウォッシュド
 認証 RFA、UTZ
0
1
2
3
4
フレーバー
酸味
甘み
ボディ
クリーンネス 
後味
<基本カッププロファイル>
◇ Chocolate-like sweetness
◇ Hazelnut, Caramel flavor
◇ Strong body
◇ Strictly clean cup 

850円

注文数 :

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索