焙煎豆 コスタリカ グアドループ・ティピカ 200g

ラウリーナ(リロイ)と並ぶフランス領の幻のコーヒーです。統計資料上では1965年にグアドループからの輸出記録が途絶えており絶滅したことになっております。しかしリロイ同様に僅かに残った苗を持ち帰った海外の生産者が育てており未だしぶとく生き残っております。ジャマイカのブルーマウンテンはこのグアドループ・ティピカを移植したものなので言ってみればブルマンの祖先に当たるコーヒーでもあります。今回のものはコスタリカで再生された商品になります。


予約制購入で既に商品完売のため10kgのみで再入荷はありません。
農園名コフィアディベルサ農園
生産国コスタリカ
地域プンタレナス州ビオレイ
生産者ゴンザロ・ヘルナンデス
クロップ2020/2021
規格SHB、EP
欠点規格丁寧にハンドピックしているのでほぼ欠点なし
スクリーンスクリーン15アップ
木の品種グアドループ・ティピカ
その他標高1250 -1300メートル、ビニールシートの屋根付きドライベッドで天日乾燥
精製方法ハニー

2,500円

注文数 :

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索