• 焙煎豆 ラオスG1 ウオッシュド  200g
    焙煎豆 ラオスG1 ウオッシュド  200g
    690円
    日本の総合商社丸紅が力を入れる新興生産国ラオスのウオッシュドになります。コーヒー生産国としての実績はほとんどありませんが丸紅主導でコロンビアから苗を移植したり、細かな生産指導を行ったり値段の割に品質が良いので人気が出つつあります。生豆価格高騰の折に少しでも割安なコーヒーを提供できるとあって首都圏を中心にこちらに切り替えるお店が増えているとのことです。
  • 焙煎豆 インドモンスーン・ピーベリー 200g
    焙煎豆 インドモンスーン・ピーベリー 200g
    700円
    インドのアスピンウォールという会社が特殊な精製法で作り出す非常に個性的なコーヒーです。生豆を水切りせずに大型倉庫に入れてインド特有のモンスーンに当てて撹拌し、袋つめした後も風通しを良くして何度も乾かし、生豆が黄金色になるまで干して仕上げます。その結果大豆のような独特の香りとコクが生まれて他のコーヒーとは明らかに違う風味を醸しだします。スイス、イタリア、ドイツなどの欧州諸国で特に人気があります。
  • 焙煎豆 コロンビア エル・プラド・スプレモ  200g
    焙煎豆 コロンビア エル・プラド・スプレモ  200g
    720円
    コロンビアの有名産地ウィラにあるエル・プラド農園のスプレモになります。コロンビアでは生豆の等級を粒の大きいものは「スプレモ」、小さめのものは「エキセルソ」とランク分けしますが近年は生産される豆のほとんどがエキセルソになっています。同農園内のカトゥーラ種で大粒の豆のみを選別したロットがこの商品で価格に似合わぬクリーンで心地よいアフターテイストがあります。輸出元商社のカッピングでは84点超えのスコアが付けられています。

(全商品 : 86点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索