• 焙煎豆 イエメン モカマタリ・ホワイトキャメル  200g
    焙煎豆 イエメン モカマタリ・ホワイトキャメル  200g
    1,850円
    コーヒーのルーツとも言われるイエメンのモカマタリです。もともと「モカ」というのはイエメンにあった港の名前でここからコーヒーが輸出されておりました。現地読みでは「アルマッカ」のマッカでそれがなまったもののようです。この港から輸出されるコーヒーはすべて「モカ」と呼ばれ、かつてはエチオピアやタンザニアのコーヒーもここから輸出されていたそうで、モカにはエチオピア・モカとイエメン・モカがあるのはその名残です。ワインのような独特の発酵臭があり日本でも根強い人気があるコーヒーです。でも、ヨーロッパなどでは人気が無くモカと言えばエチオピアのイルガチェフェを連想される方が多いようです。政情不安のため入荷が途絶えかけており、近い将来消えてしまいそうな絶滅危惧種コーヒーだといえるかも知れません。
  • 焙煎豆 ケニアAAトップグレード レッドマウンテン  200g
    焙煎豆 ケニアAAトップグレード レッドマウンテン  200g
    1,300円
    アフリカのコーヒーと言えばケニアの名が必ず出て来るほど人気の生産国です。この国のコーヒー研究所で開発されたSL28などの品種は世界中で高い評価を得ています。ケニア産コーヒーの中でも特に優れたクオリティを有するものに「トップ・グレード」という等級を付けて輸出されます。フルーティなラズベリーのようなアロマが秀逸です。
  • 焙煎豆 ブラジル サンタアリーナ 200g
    焙煎豆 ブラジル サンタアリーナ 200g
    590円
    サンパウロ州とミナスジェライス州の境界、モジアナ地区ヴァーレダグラマ。ポソスデカルダス山脈の 山裾に位置し、肥沃な土壌環境と山岳地形からくる激しい寒暖差が芳醇な甘みを特徴とした コーヒーが生産される。 
    サンタアリーナ農園はモジアナ地区1.2を争う名門農園で 歴史は古く、今から100年以上前の1907年に遡る。
    2011年、2012年には、バルデグラマ地区品評会1位の名門農園。

(全商品 : 93点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索