• 焙煎豆 コスタリカ グアドループ・ティピカ 200g
    焙煎豆 コスタリカ グアドループ・ティピカ 200g
    2,500円
    ラウリーナ(リロイ)と並ぶフランス領の幻のコーヒーです。統計資料上では1965年にグアドループからの輸出記録が途絶えており絶滅したことになっております。しかしリロイ同様に僅かに残った苗を持ち帰った海外の生産者が育てており未だしぶとく生き残っております。ジャマイカのブルーマウンテンはこのグアドループ・ティピカを移植したものなので言ってみればブルマンの祖先に当たるコーヒーでもあります。今回のものはコスタリカで再生された商品になります。


    予約制購入で既に商品完売のため10kgのみで再入荷はありません。
  • 焙煎豆 パナマ レリダ農園パカマラ・ナチュラル   200g
    焙煎豆 パナマ レリダ農園パカマラ・ナチュラル   200g
    1,900円
    パナマでも最も歴史ある超名門農園のパカマラ(ナチュラル)になります。「ベスト・オブ・パナマ」など品評会での優勝・入賞も多く、ゲイシャ、パカマラ、ブルボン、ティピカなど多くの品種を手掛けます。特にその生産技術についてはパナマでも一目置かれる存在であり、多くの農園の手本となるところです。本商品は現在農園商品の中でも人気のパカマラ種で、希少なナチュラル精製です。
    先ほど試飲もしましたが、フルーティで爽やかな軽い感じのものが多いパカマラにあって、このコーヒーは大変コクもあってさすがという感じが致しました。
  • 焙煎豆 ラオスG1 ウオッシュド  200g
    焙煎豆 ラオスG1 ウオッシュド  200g
    690円
    日本の総合商社丸紅が力を入れる新興生産国ラオスのウオッシュドになります。コーヒー生産国としての実績はほとんどありませんが丸紅主導でコロンビアから苗を移植したり、細かな生産指導を行ったり値段の割に品質が良いので人気が出つつあります。生豆価格高騰の折に少しでも割安なコーヒーを提供できるとあって首都圏を中心にこちらに切り替えるお店が増えているとのことです。

(全商品 : 86点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索