焙煎豆 > 200g

  • 焙煎豆 東ティモール マウベシ・マウレフォ   200g
    焙煎豆 東ティモール マウベシ・マウレフォ   200g
    890円

    パルシック(PARCIC)が支援しているフェアトレードコーヒー、マウベシ。JAS認証豆です。

    特定非営利活動法人パルシックは、1999年9月の東チモールにおける動乱の直後に緊急救援活動を開始。医薬品、緊急物資の配布の後、2000年4月から学校の修復などの復興支援活動を実施。2002年5月東チモールの独立を契機に、コーヒー産業の支援を始める。アイナロ県マウビセ郡で生産者協同組合を組織化。JICA草の根技術支援を受け、加工場の建設、加工技術を指導し、日本市場向けにフェアトレードコーヒー豆の生産し、現在に至る。
    マウレフォ集落がCOCAMAUに参加し始めたのは2008年から。現在の参加世帯数は11世帯。組合長はフランシスコ・ダ・シルバ。集落は急な斜面に張り付くようにして広がりコーヒー畑の半分は集落から徒歩2時間以上離れた場所にあるそうです。組合で共同の加工設備を使って作業しています。
  • 焙煎豆 ニカラグア ペラルタ・ジャバニカ   200g
    焙煎豆 ニカラグア ペラルタ・ジャバニカ   200g
    900円
    ニカラグアの有名産地ヌエバ・セゴビアにあるペラルタ農園のジャバニカ主体品種ブレンドでハニー製法のものです。この農園はニカラグアでは最高峰の農園で「カップ・オブ・エクセレンス」に入賞8度、優勝2度の実績がありコーヒー栽培のプロとして一目置かれる存在です。商社の在庫整理で吐き出された処分品のようですがかなりお得な豆だと言えます。ジャバニカという品種はモカのような独特の酸味がありユニークで美味しいけれど若干好き嫌いが分かれる傾向があると思っていましたが、この商品は非常に酸味もソフトで上品な上にフルーティなクリーンカップです。コスタリカかケニアをいただいているような親しみやすさがありさすがと思わせてくれます。
  • 焙煎豆 モカ・イルガチェフェG1 ゴティティ(ウオッシュド)  200g
    焙煎豆 モカ・イルガチェフェG1 ゴティティ(ウオッシュド)  200g
    1,200円
    エチオピア・モカの世界的名産地イルガチェフェの中でも特に評判の高いコチャレ地区のウオッシュドになります。広義では現在販売中の「イルガチェフェ・コチャレ」と同じものですが、今回入荷の商品はコチャレ地区の中でもさらに評価の高いゴティティ地域のみから収集したものになります。比較試飲してみましたが「イルガチェフェ・コチャレ」よりもこちらの方が香り・コクが深くインパクトがある感じです。世界3大名産地イルガチェフェの中でも人気の高い定評のある地域を絞り込んでいるだけあってさすがです。

(カテゴリー内 : 44点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索